友人や家族がPMS(月経前症候群)や生理で辛そうなとき、どのように接しますか?

友人や家族がPMS(月経前症候群)や生理で辛そうなとき、どのように接しますか?

友達がPMSの時期は、なるべく話しの聞き手になってます。アドバイスや否定はせず、「うんうん!」って聞いてあげると、相手もにも喜ばれるみたいです。身近な人ならお風呂あがりのマッサージやいい香りのクリームを塗ってあげると喜ばれます。生理でつらそうなときは、お薬をあげるか(鎮痛剤)またはゆっくりやすんでもらってます。同じ女でも生理の辛さが個人的に違ったり、その月によって変わったり様々なので同性としてコミュニケーションをとれると、本当に助かるような気がします。

 

 

薬を渡すかなるべくその人に当たらず触らずしていたほうがいいと思います。また友人の喜ぶことなどをさせてあげるのも一つの手だと思っています。私は家族はみんな年配者ばかりだったので生理があるのは私だけだったので、みんな家族私が生理前にカリカリしているときはそっとしておいてくれたり、やさしくしてくれたのでありがたかったですね。

 

 

誰しもあることなのでそんなときは、見守るとか適当にしていたほうがいいと思いますよ。
やはり、自分の場合と同じように、休息することを勧めます。家族の場合は、やらなければいけない家事など代わってあげられることはやってあげ、食事の準備や掃除等サボれることはサボって休息を勧めます。友達の場合は、本人の判断に任せますが、あまりにも辛そうな時は遊ぶ約束をキャンセル、または延期すればいいと思います。投薬については、それぞれ好き嫌い、本人の薬に対する考えは様々なので、あまり勧めることはしません。

 

 

生理で辛いときは外出に誘うのはあまり控え、休むように話します。そっとしていくことが多いです。どうしても不快感やいらいらもおおくて相手にも気をつかわれたくないからです。友人もなるべく人と会わないことがおおいという人がいるので、症状はひとそれぞれ重かったりすると思います。

 

 

年齢とともに生理前症状がながびいたり、頭痛がひどくなると聞くこともあり無理せずに過ごすことが一番です。

 

 

20代後半から症状もずいぶんとかわってきたという人も多くいます。
基本無理をさせない。友人の場合だとツライのもわかりますし、本人の話をよく聞いてアドバイスが出来ることがあれば話しますし、手伝えることがあれば声をかけるようにとつたえてます。(急を要する買い物など。)

 

 

家族の場合で時期的に察することもできますし、イライラしたりしてる時はできるだけ冷えを取るよう、温めるよう促します。そんな気分ではないと思いますがストレッチするのも良いと聞いたことがあるのでテレビを見ながらでもとすすめてます。痛み止めの薬が飲めるか、薬を持っているか尋ねる。持っていない場合は買ってきてあげる。

 

 

薬を飲んで休むように伝えて、温かい紅茶などをいれてあげて、出来るだけゆっくり休ませてあげる。 何かしなければいけない用事があるなら、代わりにやってあげる。 何かやって欲しいことがないか聞いて特に何もなければ、後は特に何もしない。 痛みがあって辛い時は自分なら静かに過ごさせて欲しいので、何かあったら言ってねと伝えて一人でゆっくり過ごしてもらう。背中をさするなどしてあげます。

 

 

学校で痛そうなときは背中を丸めるといいよと教えてあげます。 それでもだめならなにかクッションやまくらなどをおなかにもたせてあげると重みで楽になります。 薬を持ってない友人などがいたらわけてあげたりもします。 わたしもなかったりちょうどきれていたら、もらったりもするので。 お母さんなどが家事をしていたらかわってあげたり同じ女としてできるだけカバーしてあげています。 お父さんはあまり家事をしないです。

 

 

私自身も月経前症候群、生理痛がひどくあるので、そういった人がまわりにいたときはなるべく共感してあげて、自分のときにしてほしいことをしてあげるように接しています。生理痛などは病気じゃないとよく言われますが、本当にひどい方は立ち上がることもできない人もおられます。また、子宮筋腫などで生理痛がひどくでる方もおられます。女性特有のものだと思うので、できることなら休ませてあげたり、自分の持ってる知識を言ってあげたり(温めたらいいよ。など)をしております。

 

あまり、意識して接することはありませんが同じ女性としてできる範囲での悩みは聞きますし、また共感してあげることで少しは落ち着くと思います。生理前にイライラする事もあると思います。そういった場合は出来るだけ関わらない、というより余計なことを言わないことが何より大切だと思います。そっとしておくことで気分が和らぎますし、治ったころには普段通りに接することができます。あまり意識せず、お互い無理のないようにすることが一番です。

 

 

周りにそういう人がいなかったので、仮定でお話しすることになりますが、 市販薬をすすめたり、ひどいようなら病院で診てもらうようにしたり、家族ならすぐに色々対処は可能だと思うので、その場で色々対処できればと思いますが、友人の場合は声をかけてみて、何かしてほしい事があればできる限りの事はすると思いますし、そっとしておいてほしいと言われれば、様子だけうかがっていると思います。

 

 

なるべく相手にとって気に障るような行動は控えるようにすると思います。
女同士なので、「分かるよー」です。これが一番です。仲良い女友達になると、大体の生理の日にちも分かるので、イライラしていると「もしかして生理?」「そうなのーもう痛くて」「分かるー辛いしイライラするよねーどうしようもないよねー」そう言うとお互い安心します。イライラしたくなくてもしてしまうので。

 

 

男性には分からないから、せめて女同士では分かり合っていたいですね。あとは温かいお茶を差し入れたりハーブティーを入れてあげたりもします。生理中見るからに辛そうな友人が立っていたら椅子に座らせたり、痛み止めやカイロを持っていたらあげたりしています。

 

 

また、毎月違うPMSの症状に悩んでいる人には具合が悪そうだったら大丈夫か一声かけて休憩をすすめたり痛み止めやカイロを持っていたら使ってもらって、温まって痛みを緩和してもらえるようにしています。

 

 

とりあえずどちらの症状も温めて少し休むことが有効なのかなと思うので、休める場所があれば連れて行って、なければ温めて痛み止めがあるなら飲んでもらう事が大事だと思います。

 

 

友達や家族が大変そうなときには仕事や家事、手助けできるようなことがあれば、声を掛けてみる。薬や食べ物、リラックス方法など、自分が試してみたり、周りから聞いて症状が緩和したことや気分転換になった事等を話してみる。精神的に不安定になるときは、話をきいてみたり、気分転換できるようなことをしてみたりする。痛み等体の不調が出ているときには、できるだけそっとして、体を休めることのできる環境、またリラックスできる環境を作る。

 

 

とにかく寄り添ってあげて、話を聞いてあげます。自分が経験したことのある症状だとしたらアドバイスをしたりまたは逆にこちらも相手の乗り切り方を聞いたりして情報交換したりします。もしくは相手の周期にあわせて予定を組んだり、辛そうな時に遊ぶ約束をしていたとしたら早く切り上げるか、こちらから延期を促す言葉をかけるかもしれません。風邪などの病気とはまた違いますが、ひどい風邪をひいた時と同等の辛さだと私は思っていますので相手にも無理強いしないです。

 

 

自分があまり構われるといやので、あまり声をかけずにしています。 職場では湯たんぽを用意しあげると喜ばれます。 夏場はクーラーがよくきいていて、痛みが増したりすることが多々ありますので足元には大きめの湯たんぽ、腰には小さめの湯たんぽを置いてあげて ひざ掛けで下半身をおおってあげると、とても楽になると言ってもらえたことがあります。 後は動くのがとてもいやになりますので、代わりにできることがあったらできるだけしてあげるようにしております。

 

 

娘の場合は私と同じで立つこともできなくなるので、とにかく静かに寝かせております。家族なら良く体を休めるように、用事を代わりにやってあげたり、表向きはきちんとお世話をしているように対応していますが、八つ当たりをされたら相手がPMSであっても、ここまでやってあげているのにと反撃するようにしていますが、友人なら静かに穏やかに接するようにしています。

 

 

わたしは甘えられやすいので、できるだけ近寄らないようにしているのですが、何かあれば言ってほしいと鬱陶しがられない程度にアピールしています。
PMSのときはそれに気付いたら割とそっとしておくことが多いです。気分転換にお出掛けに誘うこともしばしばあります。生理中なら腰をさすってあげます。腰の痛みはどうしようもなくモヤモヤする厄介なものですが、さすっていると少し痛みが和らぎます。自分でずっとさすっていると腕を後ろに回すので疲れてしまうので、腰が痛いと言われたらさすってあげたりします。あとは薬を飲んだのか聞いたり、あまり動きたくなかったり動けないようだったら代わりに動きます。

 

私は少なくとも気持ちや痛みなどの症状を理解してあげられる思うので、出来る限りその人が辛くないように接してあげたいです。家族なら家事などは代わりにやってあげます。少しでも辛さが和らぐようにしてあげたいです。放っておいて欲しい人もいれば、辛さを共感し、理解してあげるだけでも嬉しく思ってもらえると思います。毎月くる事なので、うまく付き合う方法を考えたり、少しでも症状が軽くなるように、自分の体験談なども話したいと思います。

 

 

自分も辛い時があるので他の人が辛そうな時は休んで頂きます。女性が多い営業職なので比較的周りも理解があります。ただ毎回余りにもキツそうだとまずは産婦人科の受診をお勧めします。もし何かの病気が隠れていたら大変なので。実際自分もあまりに痛くて産婦人科を受診してみたら慢性的な疾患がありましたので…若い方ですと今後の妊娠にも影響がありますし、ある程度の年齢の方ですとイライラ具合もすごいので周りの為にも休んで病院に行って頂きたいです。