ワイン 人生 生き方

Life is too short to drink bad wine. 人生は不味いワインを飲んでいるほど長くはない。

更新日:

Johann Wolfgang von Goethe ゲーテの言葉らしいが

この年齢、還暦60歳になると、もうあとせいぜい10~20年くらい。

生きながらえるだけならもっと長い可能性もあるが、健康でしっかりと自分の頭で考えて行動できるのは、そんなに長くはない。

40歳の時にアメリカ本社から出張できた年上のアメリカ人がワイン好きで

一緒に食事に行ったりしてワインを楽しんだのがきっかけで

ワインに興味をもちはじめた。

それまでは、アルコール類はビールとウイスキー。

そのアメリカ人からはワインの面白さ、奥深さ、文化を教えてもらったのがきっかけで

田崎真也ワインスクールに通いはじめた。

まあ、ワインの話は、ここではおいておいて Life is too short to drink bad wine. について。

つまりは、「人生の時間は有限である」ということをゲーテは強調しているのだとおもう。

だからこそ、

無駄に時間を使ってはならない。

不味いワイン 

つまらない人間、不快な環境、どうでもよいこと・・・

には時間を使うな

ということを言っているのだとおもう

これは、ステーブジョブズも同じようなことを

あの有名なスタンフォード大学での卒業スピーチで言っている

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいことだろうか?」

「それに対する答えが“NO”の日が何日も続くなら、何かを変える必要がある。」

という言葉。

-ワイン, 人生, 生き方
-, ,

Copyright© 幸せな人生の成功者になるために還暦むかえた元外資系IT社長がふり返る今までと今後の戦略 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.